デロイトトーマツ

バックオフィス職
QRM(Quality and Risk Management)
職務内容 QRM (Quality and Risk Management)

【業務内容】
Position 1:
Deloitte Globalでの標準化推進リード:Globalチームの一員として、Deloitte標準の方法論やツールなどの展開をリードする役割(2年間はGlobalロール専任となり、その後日本チームのメンバーとして活動いただく予定です)
Position 2:
デロイトトーマツコンサルティングでの方法論・ツールの展開推進メンバー:Deloitte標準の方法論やツールなどの展開や、実プロジェクトでの適用推進をリードする役割

【このポジションの魅力と適した方】
・デロイトトーマツグループのコンサルティングビジネスを担うデロイトトーマツコンサルティング(DTC)のポジションです。
・これまでコンサルタントとして活躍されてきた方で、今後は経験を活かしワークライフバランスを図りながらクライアントサービスの品質向上に関与したいといった方に向いています。
・プロジェクトの効率・品質を高めることに関心をお持ちの方、方法論・ツールを適用して標準化を進めた経験のある方であればさらに望ましいです。
・Globalチームとのコラボレーションなども多く、ビジネスの場面で英語を使ったコミュニケーションを取りたいとか、海外と連携しながら仕事をしたいといった志向の方に適しています。

【部門】
QRMは、コンサルティングサービスの品質の向上と、リスクコントロールの実効性を高めることに焦点をあてて活動している部門です。

■QRMのミッション
・個別エンゲージメントへのコンサルテーション、および各種品質保証(QA:Quality Assurance)活動を通して、品質の向上とリスクの低減を図る
・各種QRM活動を通して吸い上げる品質・リスク情報をマネジメント層へ提供し、経営の意思決定をサポートするとともに、組織的な対応を強化する

■QRMでの業務の特徴
・Global QRMと連携した業務の実施
DeloitteのQRMプログラムは、グローバル全体で運用をしています。また、DTCではクロスボーダープロジェクトが年々増えています。したがって、Global QRM、Globalのリスクチーム、あるいは、各国のQRMと連携した業務を実施していただくことになります。
・他ファンクションと連携した業務の実施
Deloitteの強みの1つが“クロスファンクション”のサービスの提供で、その強化が掲げられています。これは、とりもなおさず、品質リスク管理サイドも他ファンクションとの連携が必要ということになります。したがって、トーマツ内の各ファンクションの品質リスク管理室、およびトーマツ本部(レピュテーション・リスク本部)と連携した業務を実施していただくことになります。
・コンサル本部機能としての業務の実施
トーマツの中では、DTC以外でもコンサルティング業務を実施しています。これらの業務の品質リスク管理はDTCのQRMで行います。したがって、他法人の品質リスク管理にも踏み込んだ業務を実施していただくことになります。
 
登録資格 【必須要件】
コンサルティングビジネスの経験あり(3年以上)。
Position 1:Globalロールとなりますので、英語を使ったコミュニケーションに抵抗がない方を対象とします(バイリンガル等流暢なレベルは必須ではありません)
Position 1/2共通:PowerPointやExcelを使って資料作成ができること。ビジネスレベルの日本語力。

【望ましい要件】
システム導入やPMOなどのテクノロジー系の経験があるとなお可
 
勤務地  東京 


←職種一覧へ  ↑このページの先頭へ