For Earth, For Life Kubota

開発・評価_機械
サスペンション開発・実験評価(ユーティリティービークル技術部 )
職務内容 当社製の4輪駆動車ユーティリティービークル(UV:業務用オフロード車)は北米を中心に高い支持を得ております。人の移動や物の運搬に使用する他、狩猟用の車両としても利用されています。

現在、当該事業部(ユーティリティービークル技術部 )では、事業の更なる拡大を目指してUVの開発を積極的に進めており、今後、さらなる事業拡大を加速させるべく、高速車両化に向けたサスペンションの開発をお任せ致します。

<設計>サスペンション設計の構想立案、3D-CAD設計、試験評価結果を元にした改良設計及び量産化業務

【ユーティリティビークル(UV)について】
一般的に、UVは工場の敷地内における運搬や狩猟などをはじめとした 産業用途の「ワーク系」と、レジャーやレース用途で使用される「スポーツ系」の2種類があります。 当社は主に「ワーク系」のUVがメインで、
北米で高い評価を受けており、ワーク系UVの販売台数はシェア40%を誇ります。

ワーク系は、ただ走る・曲がる・耐久性に優れている自動車ではなく、いかに「役立つ機能」が加わっているかが求められています。

【クボタのUV】
当社が主力とするワーク系UVに求められるのは「耐久性」。
国・地域によって大きく異なる地質に対し、
どんな地面でも安定的に走行でき、耐久性も優れていることが重要です。
その点に対して、クボタのUVは後輪2つが軸で繋がっておらず、
独立した動きをとるため、デコボコした地面でも適応しながら安定走行が実現できます。

更にこれまで農業機械・建設機械で培ってきた、
機動力・軽さ・コンパクトさ・燃費の良さで高い評価を受けており、
40%のシェアを誇るに至っています。

【今後のUV】
これまでは限定的な機能で十分でしたが、ニーズの多様化で機能が増え、自動車に近づいてきているのが実情です。 次に求められている機能は「スピード」「乗り心地」です。

既存のスポーツ系UVではオフロードで走行できる機種があまりないため、どんな地面でも安定走行可能な当社の技術にスピードが加われば、どのようなニーズにおいても必要とされる自信があります。

スピード向上のため、ディーゼルエンジンからガソリンエンジンに変更するなど、「ユーティリティビークルと言えばクボタ」を目指してラインナップの拡充を進めています。  
応募資格 【学歴】大学、大学院卒 

【語学】不問

【資格】不問

【経験】四輪車のサスペンション設計経験者
※サスペンション単体ではなく、それを搭載した車両全体の開発に携わってきたご経験をお持ちの方を求めております。

【歓迎】英語の読み書きが可能な方、または今後英語力をつけていく意欲のある方  
待遇  【想定年収】450万円〜850万円(残業代及び諸手当込)
※ご経験、前年収、ご年齢に応じて決定します。

《年収参考例》 
・539.2万円/27歳(残業代を除く)
・715.8 万円/34歳(残業代を除く)
※最短昇級時 897万円/35歳(管理職扱、手当無) 

《初任給》
大学院卒(修士)/月給25万6500円
大学卒    / 月給23万6500円   
※2020年4月実績  

【賞与】業績、評価によって6月・12月支給
【昇給】年1回(1月)
【雇用形態】正社員
【試用期間】3ヵ月※試用期間中の勤務・賃金制度に変更はありません。
【就業時間】8:00〜16:30(休憩時間12:00〜12:45)
【休暇】125日 年末年始、夏季、GW、年次有給、特別・慶弔休暇
    土曜日、日曜日、その他(製造部門は事業所ごとに決定)
    就労する事業所の年間所定休日(事業所カレンダー)による。
    有給休暇は最高20日(入社時は14日付与あり)
【保険】雇用・労災・健康・厚生年金保険

【手当】通勤手当 支給 ※会社規程による

【寮・社宅】有 保有or借上 ※配属地近隣物件の空き状況、家族構成等による

【福利厚生】
退職金、貯蓄制度/財形貯蓄制度(財形年金)、団体貯蓄保険、
クボタファンド(従業員持株会)慶弔・保険/慶弔見舞金制度、
ファミリーライフサポート保険、災害補償、各種損害保険等
健康・レクリエーション/カフェテリアプラン(スポーツ施設利用補助、
旅行費補助等)、各種健康診断、人間ドック補助など  
勤務地  大阪府堺市(堺製造所)

●敷地内禁煙(屋内・屋外喫煙可能場所あり) 


←職種一覧へ  ↑このページの先頭へ