JSR株式会社

JSR株式会社 学卒技術系 募集職種一覧
精密電子材料の研究開発担当者
職務内容 四日市研究センター・精密電子研究所にて電子材料の研究開発をご担当いただきます。

■募集背景■
材料ポートフォリオの拡充に伴い、開発機能の強化を図っております。

■具体的な職務内容■
ご経験・保有スキルに応じて、以下の材料研究開発を担当頂きます。

・半導体向けフォトレジスト
・実装材料
・CMP材料
・洗浄材料

■配属先■
四日市研究センター・精密電子研究所

■キャリアパス■
材料の研究開発担当者として従事頂き、数年後にはチームリーダーとして研究活動をリード頂くことを期待しております。

◎当社の魅力:働きやすい環境◎
〜全社的にワークスタイルイノベーションを推進しており働きやすい環境にあります。〜
・日勤者の平均残業時間 20時間/月未満
・コアタイムなしのフレックス制度
・有給休暇消化率80%以上

〜健康経営への取り組み〜
■「健康経営優良法人〜ホワイト500〜」を2017年・2018年の2年連続受賞
社員一人ひとりが健康であることが企業の持続的な成長に不可欠であるとの考えのもと
経営課題の一つとして進めております健康保持・増進施策の推進や働き方の見直しへの
取り組みが評価されています。

〜女性活躍推進への取り組み〜
■「なでしこ銘柄」を2016年度・2017年度の2年連続受賞
■次世代認定マーク(くるみん)認定
女性社員の採用比率および管理職比率の向上や、育児や介護との両立支援制度
(キャリア開発のためのセミナーや面談、在宅勤務制度等)の取り組みが評価されています。

女性に限らず、外国籍社員の活躍推進、多様な人材を受容するための
「インクルージョン風土」の浸透など、ダイバーシティ推進も幅広く活動しております。

 
登録資格
■学歴■
理工学系の学部卒以上
※学歴よりも職歴を重視いたします。

■必要な経験・スキル・知識■
・半導体メーカ、装置メーカ、電子材料メーカで研究者としての実務経験が5年以上。
・有機・無機問わず材料開発に携わった方。
・半導体関連の学会発表や専門誌への投稿の実績。

・語学力
 TOEIC750点相応のビジネスレベル
 ※職務内容・対人対応力を優先いたします。


■歓迎する経験・スキル・知識■
・自身の研究キャリアに自信を持っており、JSRの風土に流されない方。
・サイエンス全般に感度が高く、専門分野以外の知識も豊富な方。

 
待遇  ■雇用形態■
正社員
※試用期間3ヶ月(待遇・条件に差異はありません。)

■給与■
【年収】520万円以上
【月給30万円〜

※上記は想定年収であり、経験・能力に応じて当社規定により決定いたします。

【上記にプラスして支給される手当】
・時間外手当、深夜手当、休日出勤手当(全額支給)
・通勤手当(全額支給)
・住宅手当(月1.3万円/主たる生計主かつ本人名義の場合)
・家族手当(月2.7万円〜/非管理職の社員を対象に18歳未満の扶養子女の人数に応じ支給)

【昇給】年1回(4月)
【賞与】年2回(6・12月)前年度実績:計5か月分以上/年

■勤務時間■
8:30〜17:15
所定労働時間:7.75時間
休憩時間:60分
★コアタイムなしのフレックス制度となります。

■休日・休暇■
年間休日123日(2020年度)
<休日>
・完全週休2日制(土・日)
・祝日
・メーデー
・創立記念日(12月第2土曜日の前日の金曜日)
・12月30・31日、1月2・3日

<休暇>
・年次有給休暇
(社会人経験に応じ11日〜最高21日)
・慶弔休暇
・産前・産後休暇
・介護休暇
・看護休暇
・ボランティア休暇
・勤続休暇(対象:勤続満10年以上/満50歳を迎えかつ勤続満15年以上、各5日間)


■福利厚生■
<各種手当>
・通勤手当(全額支給)
・住宅手当
・家族手当
・食事補助金


<各種制度>
・寮(35歳未満の独身者)
・社宅(45歳まで/会社都合の転勤者/単身赴任者)
・社会保険完備
 (厚生年金保険、雇用保険、労災保険、健康保険)
・退職金制度
・企業年金制度
・社員持株会制度
・財形貯蓄制度
・財形住宅融資制度
・共済会
・研修制度(職種別・階層別研修)
・MBA・MOT教育
・海外留学制度、トレーニー制度


<仕事と育児の両立支援制度>
・産前・産後休暇制度
・育児休業制度
・育児休業者への面談制度
・短時間勤務制度
・在宅勤務制度
・育児休業復職支援給付
・ベビーシッター給付


<施設>
・研修施設
・各種スポーツ施設等
・ベネフィットステーション


★福利厚生の利用実績はこちらをご覧ください。
JSR採用ホームページ
 
勤務地  JSR株式会社四日市研究センター 
(三重県四日市市川尻町100)
 


←職種一覧へ  ↑このページの先頭へ