JOB DESCRIPTION

ITコンサルタント/公共・公益 ITコンサルタント(公共サービスプロジェクト)

業務内容

■採用部門、または
 アサイン予定プロジェクトの概要
※組織/PJのミッション


当社のコンサルティングスタイルは戦略を
策定するだけではなく、その実現まで
クライアントと共に成し遂げることを目的として
推進するため、顧客に深く関わり、
幅広い分野での経験が得られます。


あるクライアントの場合では、IT戦略の策定、PMO、アーキテクチャー設計、システム構築、
保守・運用支援など、多岐に渡って支援を実施しております。


当部門が主に担当する公共業界は寡占化されてきている市場であり、官公庁の中でも更なる成長に向け、
多くの変革を必要としています。
我々はそのクライアントに対し、売上拡大・コスト削減・サービスレベル向上などに向け
業務改革、新サービス創出等、様々な分野で支援を実施しております。

これらのプロジェクトで蓄積したノウハウや経験を活用・展開し、
各クライアントに最大限の成功を提供いたします。


■職務内容の概要
具体的なプロジェクト事例
- バックオフィス関連システム(購買管理、会計など)構築に向けたグランドデザイン〜設計〜構築
- その他システム(業務端末、顧客情報管理など)構築に向けたグランドデザイン〜設計〜構築

■職務内容の詳細
システム構築においてリーダーシップを発揮できる人材を募集いたします。
特定のフェーズのみではなく、システム化構想・企画からシステム構築まで一貫して関わって
いただくことを想定しております。

ご自身が策定に関わった戦略の実現まで担当できる経験が得られ、
やりがいと成長を得られるポジションです。

- 担当領域:大・中規模システムリプレース案件の推進、顧客含めたプロジェクトチームの推進など
- 担当業務:企画書作成、移行計画作成、業務設計(ユーザ部門を対象に)、システム構築、業務移行、
 データ移行など


・入社後のキャリアイメージ
【1〜2年後程度の職務】
要件定義、システム構築の主担当として顧客上層部とのセッション推進、システム構築の推進。

【3〜5年後以降で想定する活躍】
プロジェクトリーダーとして大・中規模案件の(顧客折衝含めた)リーディング。
大・中規模案件の立ち上げ。


 ※ キャリア事例 ※
30代にて当社に入社。
プロジェクトメンバーとして、当社構築案件のノウハウ(システム設計、顧客折衝)を体得。
その後500人月超の大型案件のPL補佐として要件定義〜システムリリース、
運用引継ぎまでの全フェーズを経験。
現在は次の案件の立ち上げの為の準備を実施中。
応募資格 ■求める経験・スキル(業務知識、IT技術、専門性)
・顧客業務部門のマネジメントレベルを相手に要件定義、
 システム設計を行った経験(業務改革、コンサルティング提案した経験があれば尚可)
・4、5人以上のメンバーを率いて要件定義〜設計〜構築のマネジメントを実施した経験
・1年以上設計ないしは構築、テストに携わった経験(レイヤーは問いません)
・システム構築における得意領域があれば尚可

■求めるプロフェッショナル/ヒューマンスキル(人物面)
・コミュニケーション力、論理的思考力
・バイタリティ・向上心・柔軟性
・技術背景のない相手に専門技術をわかりやすい言葉で説明する能力
・後進の育成にも積極な姿勢
待遇 契約期間:期間の定めなし
試用期間:試用期間あり(6か月)
就業場所:本社(東京都品川区大崎1-2-2)
労働形態:専門業務型裁量労働制により、1日10時間働いたものとみなされます。
就業時間:標準 9:00-17:30(7.5h)
休憩時間:標準 12:00-13:00(1h)
休日:土日、祝日、年末年始(12月30より翌年1月4日まで)、その他会社が定めた日
時間外労働:あり(月額50時間分は固定残業手当として支給)

【賃金】
基本給:230,200円〜634,600円
固定残業手当:89,800円〜247,800円
賞与:年2回(6月、12月)
その他深夜手当、休日勤務手当、通勤手当
※管理監督者となる場合は、固定残業手当と休日勤務手当はございません。
加入保険:健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金
勤務地 大崎本社
※プロジェクトによって異なります
※出張の可能性あり
ITコンサルタントの声

「リリースに向けてシステムを切り替えるテストを繰り返していたのですが、新旧のシステムでデータを比べると一致率は99%。リリース日が目前になっても、どうしても100%になりませんでした」
 システムの切り替え作業は心臓のバイパス手術と同じで、少しでも間違えればシステムが止まる繊細なもの。もし止まれば、顧客や取引先、全国の店舗に来る買い物客に甚大な被害を及ぼしてしまう。ゴールを目指し頑張ってくれたメンバーの努力にも報いたい。松川には大きなプレッシャーがのしかかった。
 「熟慮の末、私は“これでリリースする”と判断したのですが、それに対し金丸から“品質に絶対の自信はあるか”と問われ、目が覚めました。一番大切なのは“品質の追求”だと改めて気づいたのです」
 このプロジェクトでの経験は松川を大きく成長させた。
 「その後システムを無事リリースしてプロジェクトは完遂できましたが、そこに至るまでには山ほどの失敗がありました。なによりあの時、自分たちで“これではまだダメだ”と判断しなければいけなかった。メンバーに対して未熟なリーダーだったことを申し訳なく思います。リーダーとしてどうあるべきか、プロジェクトマネジメントとはどういうものかを身をもって学べました。同じ過ちは二度としません」
続きは*こちら*
評価制度

完全360°評価制度です。
具体的には、年1回(年末)、自己評価をプレゼンテーションで成果発表を行う機会があり、参加者は上司の他、同僚やメンバー、そして社員であれば誰でも参加が可能です。
また、このプレゼンテーションで、次年度の目標や実現したいことを伝えるのはもちろんのこと、昇格や昇給希望を伝えることも可能であり、大変ユニークな制度となっています。
ワークスタイル

裁量労働制が適用されており、一人ひとりが自律したプロフェッショナルとしてフレキシブルに勤務しています。
仕事の進め方についても、個人の裁量に任され、時間にとらわれることなく社員それぞれが主体的に仕事に取り組んでいます。
また、場所にとらわれない働き方ができる環境が提供されており、リモートワークが可能です。
たとえば、急に子どもが熱を出してお迎えに行かなければならない、なんて時も安心です。
詳しくは*こちら*