JOB DESCRIPTION

ITコンサルタント/流通・小売・SPA 業務コンサルタント(コンビニプロジェクト)

業務内容

■採用部門、または
 アサイン予定プロジェクトの概要
※組織/PJのミッション


配属予定部門であるアドバンスドビジネス本部は
主に流通・小売り、サービス顧客を
担当領域としたコンサルティングサービスを
担っています。


同本部の領域は創業より
得意としている領域であり、
これまで戦略的ITを顧客に提供し、多くの実績を残しています。

今後の展開として、既存顧客ビジネスの維持・拡大を実行しつつ、
これまで培ってきたノウハウや資産を活かした横串ソリューション開発し、
実行していく計画であり、積極的に新規顧客獲得を行っていきます。

アサインを予定しているのは「システム産業と言われるコンビニ業界」の大手、
売上約2兆円規模の企業になります。


当社は業界におけるイノベーションリーダーを目指すコンビニ顧客の
「ITの戦略的パートナー」としての地位を確立しています。


当募集ポジションでは、ビジネス全体を支える現基幹システムや次世代システムの検討、
店舗システムや新規コンテンツの開発、ビッグデータの集積・分析・活用案の検討など、
既に稼働しているシステムの刷新から次世代システムの検討まで、顧客の経営戦略、システム考案までを
幅広くサポートしていきます。


■職務内容の概要
・小売店舗の大型化(買い物難民)や超高齢化社会、女性の社会進出拡大、健康志向の高まり等、
 コンビニチェーンを取り巻く環境は、常に変化を続けています。
 我々は大手コンビニチェーン顧客のビジネスの成功に向けて、クライアントと共に実現可能な変革テーマ
 の設定/ビジネスプランの策定をした上で、その具現化に向けたITコンサルティングを実施します。

・課題解決に向けて中立な立場で「現状の整理/評価」、「あるべき姿の定義」を行い、
 クライアントと共に実現可能な変革テーマの設定/ビジネスプランの策定をした上で
 具現化に向けたコンサルティング業務を実施します。


■職務内容の詳細
日進月歩で新しい商品や新規サービスが産み出されてく変化の大きいコンビニ業界、
「ITシステムの優劣が勝敗を分ける」とも言われるビジネスの中で、
我々は「IT-Technologyの戦略的パートナー」として顧客経営層と共にビジネスの成功に向けて
様々な取り組みを行っていきます。

・経営課題解決に向けた企画・計画立案
・中期IT戦略/事業計画策定支援
・変革テーマに対する施策検討と実行計画策定
・業務改革支援/業務要件定義の実行支援
応募資格 ■求める経験・スキル(業務知識、IT技術、専門性)
・コンサルティング会社あるいはユーザ企業の経営企画部門における事業計画、
 グランドデザイン策定のご経験
・業務要件定義やシステム企画などシステム導入フェーズにおける上流工程のご経験
・クライアントへの提案、交渉、クロージングを実施したご経験

■求めるプロフェッショナル/ヒューマンスキル(人物面)
・高いコミュニケーション力(難しいことをわかりやすく相手に伝える能力)
・高い理解力
・論理的思考力
・挑戦心・アントレプレナーシップ
待遇 契約期間:期間の定めなし
試用期間:試用期間あり(6か月)
就業場所:本社(東京都品川区大崎1-2-2)
労働形態:専門業務型裁量労働制により、1日10時間働いたものとみなされます。
就業時間:標準 9:00-17:30(7.5h)
休憩時間:標準 12:00-13:00(1h)
休日:土日、祝日、年末年始(12月30より翌年1月4日まで)、その他会社が定めた日
時間外労働:あり(月額50時間分は固定残業手当として支給)

【賃金】
基本給:230,200円〜634,600円
固定残業手当:89,800円〜247,800円
賞与:年2回(6月、12月)
その他深夜手当、休日勤務手当、通勤手当
※管理監督者となる場合は、固定残業手当と休日勤務手当はございません。
加入保険:健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金
勤務地 大崎本社
※プロジェクトによって異なります
※出張の可能性あり
ITコンサルタントの声

「どこの会社に行ったとしても、転職組は社内ネットワークをいかに広げ、自分の顔と名前を売るかが大切だと思います。私は全社的なイベントやサークル活動に積極的に参加するうちにネットワークが広がり、格段に仕事がしやすくなりました」
 社員たちを深く知るにつれ、なぜフューチャーが難易度の高い案件を完遂できるのかが理解でき、転職に対する満足度はより高くなった。尊敬できるリーダーに出会えたことも大きかった。
 「とにかく頭の切れる人で、業務にもシステムにも詳しい人でした。たとえば資料ひとつとっても、お客様に対するものはわかりやすく。開発を担当する協力会社の人には技術のポイントをおさえた内容に。こういう優秀な人たちと仕事がしたかったんだと本当にうれしくなりました」
続きは*こちら*
評価制度

"完全360°評価制度です。
具体的には、年1回(年末)、自己評価をプレゼンテーションで成果発表を行う機会があり、参加者は上司の他、同僚やメンバー、そして社員であれば誰でも参加が可能です。
また、このプレゼンテーションで、次年度の目標や実現したいことを伝えるのはもちろんのこと、昇格や昇給希望を伝えることも可能であり、大変ユニークな制度となっています。"
カルチャー(イベント編)

"フューチャー最大のイベントBest Project of the Year(BPY)では、その年に最も素晴らしい、フューチャーらしいプロジェクトを全社員の投票で選びます。予選を経て本選に進出し、全社員の前で発表して優勝することは、プロジェクトにとって最高の栄誉。本選のプレゼンテーションでは、内容もさることながら、映像や音楽、パフォーマンスなど、さまざまな趣向を凝らした演出で自分たちの成果をアピール。どのチームにも惜しみない拍手が贈られます。2016年はハワイで開催されました。発表をとおしてフューチャーのプロジェクトの進め方や考え方、カルチャーを共有し、多くの学びを得る場でもあります。
また、新しくフューチャーに仲間入りしてくれたことをお祝いする毎月のWelcome Partyや、毎年の創立記念日のほか、折に触れて集まる機会も多々あります。"