JOB DESCRIPTION

テクノロジースペシャリスト テクノロジーコンサルタント(Technology Innovation Group共通)

業務内容

■採用部門、またはアサイン予定プロジェクトの概要 ※組織/PJのミッション
Technology Innovation Group(TIG)は、

 「最先端、且つ先進的なテクノロジーのプロフェッショナル集団」、
 「プロジェクト品質と生産性の向上」、
 「自社サービス事業の立ち上げ」

を主なミッションとして発足しました。

 同ポジションは、上記のTIGが掲げるミッションに共感され、且つテクノロジーに深い専門性を持ったキャリアを希望されるスペシャリスト志向ある方々向けの求人です。アーキテクチャーデザイン、データベース、インフラ、セキュリティなどプロジェクトに対するテクノロジー支援や、プロジェクトの品質、生産性向上を目的としたツール企画・開発、あるいはデータサイエンス、IoT、AIなど先進テクノロジーの企画・開発などの分野で活躍されたい方は同ポジションへご応募ください。
また、TIGでは個別のテクノロジーや役割に応じた詳細ポジションもご用意がありますが、どの分野での専門性が最も活かせるかなど選考を通じて、考えていきたい方はこのテクノロジーコンサルタントでぜひご応募ください。

■職務内容の概要
以下のようなポジションを想定しています。
■プロジェクトテクニカルリーダー
■テクノロジーアーキテクト、ソフトウェアエンジニア、UI/UXスペシャリスト、
■DBスペシャリスト、インフラスペシャリスト、セキュリティスペシャリスト
■Devops/CIエンジニア、ITモダナイゼーションスペシャリスト
■データ分析スペシャリスト、IoT・AIなど先進テクノロジースペシャリスト

各ポジションの詳細については、面談・面接の場を通してご説明します。

■職務内容の詳細
 Technology Innovation Groupの一員として、プロジェクトへのテクノロジー支援コンサルティング、品質/生産性向上、最先端/先進的テクノロジーの検証およびソリューション企画・開発などの職務を専門性の高い技術分野の知見と経験を活かしていただきます。どのポジションにおいても、最先端/先進的なテクノロジーを駆使しており、且つ難易度の高い設計、実装を行っており、市場価値の高いテクノロジーのスペシャリストとして成長することが可能です。
応募資格 ■求める経験・スキル(業務知識、IT技術、専門性)
•システム構築プロジェクトにおけるIT基盤(DB/インフラなど)・アーキテクチャーの主担当として、要件定義・設計・構築・テスト・移行切替・運用保守の各フェーズの経験がある(または主担当として担当できるスキルがある)
•(原理を理解した上での)業務アプリケーション設計・開発、アプリ/Webサーバなどミドルウェア群、DB/サーバ/ストレージ/ネットワークなどのレイヤーにおいて、一つ以上の専門性・経験を有している

■求めるプロフェッショナル/ヒューマンスキル(人物面)
•技術背景のない相手に専門技術をわかりやすい言葉で説明する能力
•顧客から課題や要望をくみ取り、技術での解決策を提言・合意できる能力
•ITを通じて世の中をより良く変えていきたいという指向
•論理的思考力
•挑戦心・アントレプレナーシップ
•ITへの情熱・向上心・バイタリティ
•柔軟性(良いものを取り入れて進化する)
•高いプレゼンテーション力・交渉力
•指示待ちにならず、自分のやるべき事を考え進んで実行できる
•技術の習得、後輩の育成にやりがいを感じる
•技術革新を楽しみ、新しい技術を積極的に知ろうとする意欲がある
•異なる視点のヒトと、全体を俯瞰しながら会話できるコミュニケーションスキル
•チームで何かを成し遂げることに楽しみを感じられる
待遇 契約期間:期間の定めなし
試用期間:試用期間あり(6か月)
就業場所:本社(東京都品川区大崎1-2-2)
労働形態:専門業務型裁量労働制により、1日10時間働いたものとみなされます。
就業時間:標準 9:00-17:30(7.5h)
休憩時間:標準 12:00-13:00(1h)
休日:土日、祝日、年末年始(12月30より翌年1月4日まで)、その他会社が定めた日
時間外労働:あり(月額50時間分は固定残業手当として支給)

【賃金】
基本給:230,200円〜634,600円
固定残業手当:89,800円〜247,800円
賞与:年2回(6月、12月)
その他深夜手当、休日勤務手当、通勤手当
※管理監督者となる場合は、固定残業手当と休日勤務手当はございません。
加入保険:健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金
勤務地 大崎本社
※プロジェクトによって異なります
※出張の可能性あり
ITコンサルタントの声

いま注目されているAIやディープラーニングといった技術は、画像や音声、言葉を認識するという人間の原始的な機能を、コンピュータで、より正確に実現することを可能にしました。そこから、ビジネスや社会システムのなかでいかに利活用するのかが、次のステージです。フューチャーでも、数々のプロジェクトで最先端の技術をビジネスに応用するトライアルが進められています。たとえば、ある物流企業では、紙の伝票のデータを手入力していたところをAIによって代替したり、あるメーカーで提供した「生産と物流を最適化する需要予測システム」のしくみは、限りなくディープラーニングのメカニズムに近いものです。
 こうした時代のトレンドをつかんでいることも大切ですが、一方で、技術の原理原則を知っていることも重要です。フューチャーは創業のときからリアルタイムの技術にこだわってきました。人間の体にたとえるなら、AIは脳、IoTは神経、ロボティクスは筋肉としたら、リアルタイム技術は“血液”のようなもの。生き生きとした血流があってこそ、脳や神経、筋肉が効果的に働けます。この、技術を深いレベルで理解し使いこなすことが私たちの付加価値であり、そこには企業や社会全体を革新へと導いていく力が秘められていると、改めて実感しています。

続きは*こちら*
働く環境

【特徴】
■服装自由 
■イヤホンOK 
■社長が現役or元エンジニア
■ノートPC+モニタ別途支給 
■1920x1200以上のモニター環境を提供
■ 裁量労働 
■ OSSプロジェクトのコミッタが在籍 
■フリードリンク
■女性エンジニアが在籍

【開発部門や職場環境について】
・自分たちの組織で作り上げたフレームワーク・コンポーネントを、自らがプロジェクトに参画し、導入まですることができます。そのため、せっかく作ったのに使われないということはありません。
・プロジェクトのアーキテクチャを決める権限と責任を当組織が持っています。
 提案段階から当組織のメンバが参画しています。
・職場のマッサージルームでプロのマッサージが受けられます。
カルチャー(イベント編)

フューチャー最大のイベントBest Project of the Year(BPY)では、その年に最も素晴らしい、フューチャーらしいプロジェクトを全社員の投票で選びます。予選を経て本選に進出し、全社員の前で発表して優勝することは、プロジェクトにとって最高の栄誉。本選のプレゼンテーションでは、内容もさることながら、映像や音楽、パフォーマンスなど、さまざまな趣向を凝らした演出で自分たちの成果をアピール。どのチームにも惜しみない拍手が贈られます。2016年はハワイで開催されました。発表をとおしてフューチャーのプロジェクトの進め方や考え方、カルチャーを共有し、多くの学びを得る場でもあります。
また、新しくフューチャーに仲間入りしてくれたことをお祝いする毎月のWelcome Partyや、毎年の創立記念日のほか、折に触れて集まる機会も多々あります。