JOB DESCRIPTION

テクノロジースペシャリスト DevOps・CIエンジニア(TIG/Quality Assurance)

業務内容

■採用部門、または
 アサイン予定プロジェクトの概要
※組織/PJのミッション

Technology Innovation Group(TIG)は、
「最先端、且つ先進的なテクノロジーの
 プロフェッショナル集団」、
「プロジェクト品質と生産性の向上」、
「自社サービス事業の立ち上げ」
を主なミッションとして発足しました。

同ポジションは、TIG内の
Quality Assurance Teamへの配属です。

同チームでは、顧客へのコンサルティングプロジェクトを科学的に運営するため、
ITを活用することで、プロジェクトの成果物品質を向上させ、プロジェクトの成功ならびに
顧客の未来価値向上に貢献しています。

■職務内容の概要
全社で利用しているDevOps・CIプラットフォームの拡張・運用を行います。
当社は、品質・コスト・進捗及び成果物・プロセスを一元的に管理する品質保証システムを
自社で構築し利用しています。
今期、大幅な拡張を予定しており、その中でリーダーシップを発揮できる人財を募集致します。

当社メンバーと共に、コンセプト策定から、デザイン、構築、その後の成長を
一貫して担当することが可能。
これまでに無い仕組みを作ることとなり、チャレンジングであり、面白い仕事となります。

■職務内容の詳細
 DevOps・CIプラットフォームの企画・構築を行います。
- 最新の技術を積極的に採用し、新しいDevOps・CIプラットフォームを企画・構築する。
- 現状は、Redmine、SVN、Git、Jenkins、Docker、Chef、itamae、Kibana、Pentaho、R、Discourse、
 Alfresco、自社ソリューションなどを組み合わせたシステムを利用。
- これまでの経験を活かして頂き、当社メンバーと新しい品質保証を目的とした
 プラットフォームシステムを構築して頂きます。

■DevOps・CIプラットフォームの導入
- 社内プロジェクトへの導入。また、将来的には、社外のプロジェクトにも導入して頂く予定です。
応募資格 ■求める経験・スキル(業務知識、IT技術、専門性)
•(必須)Linuxサーバの知識、運用経験
•(必須)スクリプト言語(Ruby等)でのプログラミング経験
•(任意)LinuxHA, Chef, Serverspec, Fabric, Jenkins, Zabbix, MySQL, GlusterFS等の運用経験
•(任意)AWSの各種サービスを組み合わせたシステム構築、運用経験
•(任意)Ruby on Railsでの開発経験

■求めるプロフェッショナル/ヒューマンスキル(人物面)
•高いコミュニケーション力(難しいことをわかりやすく相手に伝える能力)
•高い理解力
•論理的思考力
•挑戦心・アントレプレナーシップ
•柔軟性(良いものを取り入れて進化する)
•今よりもっと大きな/影響力のある仕事をしてみたいという指向、
 ITを通じて世の中を変えていきたいという指向
•IT技術を学び続け、腕を磨き続ける向上心
待遇 契約期間:期間の定めなし
試用期間:試用期間あり(6か月)
就業場所:本社(東京都品川区大崎1-2-2)
労働形態:専門業務型裁量労働制により、1日10時間働いたものとみなされます。
就業時間:標準 9:00-17:30(7.5h)
休憩時間:標準 12:00-13:00(1h)
休日:土日、祝日、年末年始(12月30より翌年1月4日まで)、その他会社が定めた日
時間外労働:あり(月額50時間分は固定残業手当として支給)

【賃金】
基本給:230,200円〜634,600円
固定残業手当:89,800円〜247,800円
賞与:年2回(6月、12月)
その他深夜手当、休日勤務手当、通勤手当
※管理監督者となる場合は、固定残業手当と休日勤務手当はございません。
加入保険:健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金
勤務地 大崎本社
ITコンサルタントの声

フューチャーは持株会社体制に移行したことに伴い、ITを活かした新規ビジネスに積極的に取り組んでいる。小川がチャレンジしている「農業×IT」をテーマにした新サービスの立ち上げもそのひとつ。
 「農家には日々の作業やノウハウを記録した“秘伝の書”のようなノートがあり、それをシステム化して効率化を図ります。さらに記録を集計・分析し、作業時間や経費、作物の出来高や売上を比較。今後の方針を決めるなど農業経営を見える化し、改善することを目指しています。フューチャーにとって新しい柱となるようなビジネスにしたいと奮闘しているところです」
 小川たちはある地域の複数の農家に協力を要請。開発したアプリケーションのベータ版を使ってもらい、よかった点、改善点を直接フィードバックしてもらっている。

続きは*こちら*
カルチャー(イベント編)

フューチャー最大のイベントBest Project of the Year(BPY)では、その年に最も素晴らしい、フューチャーらしいプロジェクトを全社員の投票で選びます。予選を経て本選に進出し、全社員の前で発表して優勝することは、プロジェクトにとって最高の栄誉。本選のプレゼンテーションでは、内容もさることながら、映像や音楽、パフォーマンスなど、さまざまな趣向を凝らした演出で自分たちの成果をアピール。どのチームにも惜しみない拍手が贈られます。2016年はハワイで開催されました。発表をとおしてフューチャーのプロジェクトの進め方や考え方、カルチャーを共有し、多くの学びを得る場でもあります。
また、新しくフューチャーに仲間入りしてくれたことをお祝いする毎月のWelcome Partyや、毎年の創立記念日のほか、折に触れて集まる機会も多々あります。
働く環境

【特徴】
■服装自由 
■イヤホンOK 
■社長が現役or元エンジニア
■ノートPC+モニタ別途支給 
■1920x1200以上のモニター環境を提供
■ 裁量労働 
■ OSSプロジェクトのコミッタが在籍 
■フリードリンク
■女性エンジニアが在籍

【開発部門や職場環境について】
・自分たちの組織で作り上げたフレームワーク・コンポーネントを、自らがプロジェクトに参画し、導入まですることができます。そのため、せっかく作ったのに使われないということはありません。
・プロジェクトのアーキテクチャを決める権限と責任を当組織が持っています。
 提案段階から当組織のメンバが参画しています。
・職場のマッサージルームでプロのマッサージが受けられます。